問9 2018年1月実技(資産設計)

問9 問題文と解答・解説

問9 問題文

川野さんは、相次ぐ地震の報道を受け、火災保険と地震保険についてFPの布施さんに質問をした。地震保険等に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

1.火災保険では、地震、噴火またはこれらを原因とする津波による損害も補償の対象となるので、火災保険を契約していれば地震による被害への備えになる。

2.地震保険では、居住用の建物とそれに収容されている家財を保険の対象としているが、1個または1組の価額が30万円を超える宝石や骨とう品等は補償の対象から除かれる。

3.地震保険は保険の対象である建物や家財が全損の状態になった場合のみ補償の対象となる。

ページトップへ戻る

問9 解答・解説

火災保険・地震保険に関する問題です。

1.は、誤りです。火災保険は、火災による損害以外にも、落雷・ひょう災・雪災などの自然災害による損害についても、補償対象ですが、地震による火災や損壊、津波や噴火による損害は補償対象外ですので、地震による被害への備えには地震保険が必要です。

2.は、正しいです。地震保険は、居住用建物と家財(生活用動産)について、地震による火災や損壊の損害を補償する保険で、30万円を超える貴金属・宝石・骨とう品等は、地震保険では補償対象外です(火災保険では契約時に申込書に明記することで補償可能)。

3.は、誤りです。平成29年1月1日以降の契約では、地震保険により支払われる保険金は、損害の割合によって4段階となっており、全損は契約金額の100%、大半損60%、小半損30%、一部損5%で、いずれも時価が限度です。

よって正解は、2

問8              問10

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Sponsored Link

Copyright(C) 3級FP過去問解説 All Rights Reserved.