問4 2022年5月実技(個人資産)

問4 問題文と解答・解説

問4 問題文

はじめに、Mさんは、X社株式の投資指標について説明した。MさんのAさんに対する説明として、次のうち最も適切なものはどれか。

1) 「株価の相対的な割高・割安の度合いを判断する指標に、PERやPBRがあります。<X社に関する資料>から算出されるX社株式のPERは1.2倍、PBRは12倍です」

2) 「PERとPBRは、一般に、どちらも数値が高いほうが株価は割安と判断されますが、何倍程度が妥当であるかを検討する際は、同業他社の数値や過去の傾向と比較するなど、相対的な数値として捉えることが重要です」

3) 「株価に対する1株当たりの年間配当金の割合を示す指標を配当利回りといいます。<X社に関する資料>から算出されるX社株式の配当利回りは2.5%です」

ページトップへ戻る

問4 解答・解説

投資指標に関する問題です。

1)は、不適切。PER(株価収益率)とは、現在の株価が1株当たりの当期純利益の何倍かを示すもので、PERが低いほど割安です。
PER(株価収益率)=株価/1株当たり利益(EPS)
         =株価/(当期純利益/発行済株式総数)

よって、X社株式のPER=3,000円/(300億円÷1.2億株)
            =12倍

これに対し、PBR(株価純資産倍率)とは、現在の株価が1株当たりの純資産の何倍かを示すもので、PBRが低いほど割安です。
PBR(株価純資産倍率)=株価/1株当たり純資産
           =株価/(自己資本/発行済株式総数)

よって、X社株式のPBR=3,000円/(3,000億円÷1.2億株)
            =1.2倍

2)は、不適切。PER・PBRいずれも、その値が低いほど割安とされますが、PERやPBR、ROE等の投資指標は、妥当な数値が業種や会社の規模等により異なるため、数字だけを絶対視するのではなく、同業他社との比較や過去のトレンドとの比較等、相対的な比較に利用する投資判断材料の1つとすべきです。

3)は、適切。配当利回り(%)=1株当たり配当金/株価×100 ですので、
X社の配当利回り=(90億円÷1.2億株)/3,000円×100=2.5%

よって正解は、3

第2問             問5

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Copyright(C) 3級FP過去問解説 All Rights Reserved.