問4 2022年1月実技(保険顧客)

問4 問題文と解答・解説

問4 問題文

はじめに、Mさんは、現時点の必要保障額を試算することにした。下記の<算式>および<条件>に基づき、Aさんが現時点で死亡した場合の必要保障額は、次のうちどれか。

<算式>
必要保障額=遺族に必要な生活資金等の支出の総額−遺族の収入見込金額

<条件>
1.長男Cさんが独立する年齢は、22歳(大学卒業時)とする。
2.Aさんの死亡後から長男Cさんが独立するまで(22年間)の生活費は、現在の日常生活費(月額30万円)の70%とし、長男Cさんが独立した後の妻Bさんの生活費は、現在の日常生活費(月額30万円)の50%とする。
3.長男Cさん独立時の妻Bさんの平均余命は、32年とする。
4.Aさんの死亡整理資金(葬儀費用等)、緊急予備資金は、500万円とする。
5.長男Cさんの教育資金の総額は、1,300万円とする。
6.長男Cさんの結婚援助資金の総額は、200万円とする。
7.住宅ローン(団体信用生命保険に加入)の残高は、2,000万円とする。
8.死亡退職金見込額とその他金融資産の合計額は、1,800万円とする。
9.Aさん死亡後に妻Bさんが受け取る公的年金等の総額は、7,500万円とする。

1) 4,004万円

2) 6,004万円

3) 1億3,504万円

ページトップへ戻る

問4 解答・解説

死亡時の必要保障額に関する問題です。

必要保障額=死亡後の総支出−総収入 ですから、収入と支出をそれぞれ計算します。

<支出の部>
(1)〜(3)死亡後の生活費
・長男Cさんが独立するまで:現在の生活費30万円×70%×12ヶ月×22年=5,544?万円
・長男Cさん独立後:現在の生活費30万円×50%×12ヶ月×平均余命32年=5,760?万円
よって、Aさん死亡後の生活費:5,544?万円+5,760?万円=1億1,304?万円
(4)葬儀費用等:500万円
(5)(6)教育・結婚援助資金:1,300万円+200万円=1,500万円
よって、総支出=1億1,304?万円+500万円+1,500万円=1億3,304?万円

なお、住宅ローンは団体信用生命保険の死亡保険金で弁済されるため、0円です。

<収入の部>
(8) 死亡退職金見込額とその他金融資産の合計額:1,800万円
(9) 妻Bさんの公的年金総額:7,500万円

よって、総収入=1,800万円+7,500万円=9,300万円

従って、必要保障額=総支出1億3,304?万円−総収入9,300万円=4,004?万円

よって正解は、1

第2問             問5

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Copyright(C) 3級FP過去問解説 All Rights Reserved.