問3 2021年1月実技(資産設計)

問3 問題文と解答・解説

問3 問題文

下記<資料>に関する次の記述の空欄(ア)、(イ)にあてはまる数値または語句の組み合わせとして、正しいものはどれか。なお、空欄(ア)の解答に当たっては、小数点以下第2位を四捨五入するものとする。

<資料>


・この企業の株価が 5,500円である場合、2020年12月期の連結業績予想におけるPER(株価収益率)は( ア )倍である。
・この企業の2020年12月期の連結決算予想では、配当性向(連結)は前期より( イ )している。

1.(ア)21.3 (イ)上昇

2.(ア)24.0 (イ)上昇

3.(ア)24.0 (イ)低下

ページトップへ戻る

問3 解答・解説

投資指標に関する問題です。

PER(1株当たり利益率)=株価/1株当たり利益 で、(ア)は株価が5,500円の場合のPERですので、1株当たり利益額が分かれば、PERが分かります。
本問の資料は2020年2月に発表された資料で、直前の2019年12月期の業績は省略されていますが、資料の1番下の「2020年12月期の連結業績予想」欄に、「1株当たり当期純利益 通期229.59円」という記載があります。
これは、「2020年12月の連結決算における1株当たり利益の予想額は、通期(一年間)で229.59円です。」という意味です。
(その上の「129.38円」は、第1四半期〜第2四半期までだけを合計した数字(中間決算)です。)

従って、PER=5,500円/229.59円=23.95…→24.0倍 です。

また、配当性向=1株当たり配当額÷1株当たり当期純利益×100(%)で、当期純利益のうち配当に回した割合を示しています。
資料では、「2.配当の状況」において「配当性向(連結)」として記載されており、2018年12月期は48.0%、2019年12月期は47.9%、2020年12月期は50.1%と、予想では前期比で上昇傾向にあります。

よって正解は、2

問2              問4

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Copyright(C) 3級FP過去問解説 All Rights Reserved.