問9 2019年5月実技(資産設計)

問9 問題文と解答・解説

問9 問題文

大津道夫さんが加入しているガン保険(下記<資料>参照)の保障内容に関する次の記述の空欄(ア)にあてはまる金額として、正しいものはどれか。なお、保険契約は有効に継続しているものとし、道夫さんはこれまでに<資料>の保険から保険金および給付金を一度も受け取っていないものとする。

<資料>


大津道夫さんが、2019年中に初めてガン(胃ガン・悪性新生物)と診断され、その後45日間入院し、給付倍率20倍の手術(1回)を受けた場合、支払われる給付金は、合計( ア )である。

1.115万円

2. 95万円

3. 50万円

ページトップへ戻る

問9 解答・解説

医療保険の保障内容に関する問題です。

資料の契約内容欄に、「ガン診断給付金:初めてガンと診断されたとき50万円」とありますから、初めてガンと診断された時点で50万円のガン診断給付金の支払対象です。

次に、「ガン入院給付金:1日につき日額10,000円」とありますから、ガンで45日間入院した場合の入院給付金は、入院給付金日額10,000円×45日=45万円。

また、「手術給付金:1回につき手術の種類に応じてガン入院給付金日額の10倍・20倍・40倍」とありますから、ガンで給付倍率20倍の手術(1回)を受けた場合の手術給付金は、入院給付金日額10,000円×20倍=20万円。

なお、ガン通院給付金は、入院してから退院後に、入院の原因となった病気・傷害の治療目的で通院した場合に支払われるため、本問では支払対象外です。

従って給付金の合計は、
診断50万円+入院45万円+手術20万円=115万円

よって正解は、1

問8              問10

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Sponsored Link

Copyright(C) 3級FP過去問解説 All Rights Reserved.