問5 2012年9月実技(保険顧客)

問5 問題文と解答・解説

問5 問題文

Mさんは,生命保険を見直す方法の一つである「契約転換制度」について説明をした。Mさんの,Aさんに対する説明として,次のうち最も不適切なものはどれか。

1) 「契約転換制度を利用すれば,保険金額や保険期間等を総合的に変更することができます」

2) 「契約転換制度を利用する場合は,告知または診査が必要となるため,現在疾病等により通院している場合等では,契約転換できないことがあります」

3) 「契約転換制度を利用して新たな保険を契約した場合,その契約はクーリング・オフ制度の対象とはなりません」

ページトップへ戻る

問5 解答・解説

生命保険の契約転換に関する問題です。

1)は、適切。契約転換とは、現在加入している生命保険の積立部分や積立配当金を「転換(下取り)価格」として、新しい契約の一部にあてる方法で、現在の契約(転換前契約)の予定利率を引き継ぐことはできず、保険料は転換時の年齢・保険料率により計算されます。
つまり、現在の年齢や必要保障額を勘案したうえで、保険金額や保険期間等といった総合的な保険の見直しができます(保険料が高くなる場合も有り)。

2)は、適切。契約転換には、告知・審査が必要となるため、病気で通院中といった場合には、契約転換を利用できないことがあります。

3)は、不適切。転換した場合を含め、新規に生命保険を契約した際にはクーリング・オフの対象になります。
また、契約転換により転換前の契約の下取り価格(転換価格)を保険料に充当(キャッシュレス転換)した場合、第1回保険料の払込日は申込日と同日となるため、申込日より8日以内がクーリング・オフ期間(撤回可能期間)となります。

問4             問6
ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Sponsored Link

Copyright(C) 3級FP過去問解説 All Rights Reserved.