問3 2012年5月実技(資産設計)

問3 問題文と解答・解説

問3 問題文

下記は、経済用語についてまとめた表である。下表に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

( ア )
国内で1年間に生み出された財・サービスの付加価値の合計で、内閣府が発表している。この伸び率が経済成長率である。
( イ )
「DI」と「CI」の2つの指数がある。このうち「CI」は、景気の山の高さや谷の深さ、拡張や後退の勢いといった景気の量感を示す指数で、平成20年から公表の中心になっている。
( ウ )
日本銀行が行う公開市場操作の一つ。民間金融機関の保有する債券等を買い取り、市場へ資金を供給するため、金利を低めに誘導する効果がある。

1.空欄(ア)に入る語句は、「GDP(国内総生産)」である。

2.空欄(イ)に入る語句は、「景気動向指数」である。

3.空欄(ウ)に入る語句は、「売りオペレーション」である。

ページトップへ戻る

問3 解答・解説

経済指標と金融政策に関する問題です。

1.は、適切。一定期間に国内で生産された財やサービスなどの付加価値の総額は、GDP(国内総生産)のことで、内閣府が発表します。
また、このGDPの変動(伸び率)が、経済成長率と呼ばれるものです。

2.は、適切。景気動向指数にはCIとDIがあり、CIが景気変動の大きさやテンポ(量感)を示し、DIは景気の各経済部門への波及の度合い(波及度)を示します。

3.は、不適切。日銀が銀行と国債などを売買することで、金融市場への資金供給量や金利を調整することを、公開市場操作といいますが、日銀が市場から債券や手形を購入するのは、買いオペレーション(買いオペ)です。

債券や手形の代金としてお金(日銀券)を渡しますから、市場の資金量が増加し、お金が借りやすくなることから市場金利は低下します。

問2              問4
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Sponsored Link

Copyright(C) 3級FP過去問解説 All Rights Reserved.