問16 2012年1月実技(資産設計)

問16 問題文と解答・解説

問16 問題文

宗一郎さんは地震への備えのひとつとして、地震保険に加入している。地震保険に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

1.地震保険の基本料率は、建物の構造と所在地によって決まる。

2.地震保険は、住宅総合保険などの火災保険契約(主契約)の有無にかかわらず、単独で契約することができる。

3.所得税と住民税の地震保険料控除の控除限度額は、所得税については10万円、住民税については5万円である。

ページトップへ戻る

問16 解答・解説

地震保険に関する問題です。

1.は、適切。地震保険の基本料率は、地震保険の保険料を算出するもととなるもので、建物の構造と所在地によって決まります
地震の多い地域と少ない地域、そして地震で崩れやすい建物と頑丈な建物とでは、その保険料が違って当然ですよね。

2.は、不適切。地震保険は、居住用建物や家財について、地震による火災や損壊の損失を補償する保険で、火災保険に付帯して加入します。原則、単独では契約できません。

3.は、不適切。地震保険料控除の限度額は、所得税5万円、住民税2万5千円です。

問15              問17
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Copyright(C) 3級FP過去問解説 All Rights Reserved.