問12 2012年1月実技(資産設計)

問12 問題文と解答・解説

問12 問題文

吉田恵子さんは、平成23年12月に養老保険の満期保険金を受け取った。この養老保険の内容が下記<資料>のとおりである場合、次の記述の空欄(ア)、(イ)にあてはまる金額(計算式含む)の組み合わせとして、正しいものはどれか。なお、平成23年中には、この満期保険金のほかに一時所得に該当する所得はないものとする。また、記載のない事項については、一切考慮しないこととする。

<資料>
保険契約者(保険料負担者):吉田恵子
被保険者              :同上
満期保険金受取人       :同上
保険料払込方法        :月払い
満期保険金額          :500万円
支払保険料総額        :300万円

吉田恵子さんの平成23年分の所得税の計算上、一時所得の金額は( ア )、総所得金額に算入されるべき金額は( イ )である。

1.(ア)500万円−300万円=200万円
  (イ)200万円−50万円=150万円

2.(ア)(500万円−300万円)−50万円=150万円
  (イ)150万円×1/2=75万円

3.(ア)(500万円−300万円)×1/2=100万円
  (イ)100万円−50万円=50万円

ページトップへ戻る

問12 解答・解説

一時所得に関する問題です。

一時所得の計算式は以下の通りです。
一時所得=収入額−収入を得るために支出した額−特別控除50万円
    =500万円−300万円−50万円
    =150万円
さらに、総所得金額を計算する際に、一時所得はその2分の1が合算対象です。
よって、
総所得金額に算入される一時所得の金額=150万円÷2=75万円

従って正解は、
(ア)(500万円−300万円)−50万円=150万円
(イ)150万円×1/2=75万円

問11              問13
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Copyright(C) 3級FP過去問解説 All Rights Reserved.