問1 2012年1月実技(個人資産)

問1 問題文と解答・解説

問1 問題文

Aさんの出産に係る健康保険からの保険給付について,ファイナンシャル・プランナーが説明した次の記述のうち,最も不適切なものはどれか。

1) 産科医療補償制度に加入する病院等において出産した場合に支給される出産育児一時金の金額は,1児につき42万円である。

2) Aさんが出産したときは,原則として,出産の日以前42日から出産の日後56日までの間において労務に服さなかった期間,出産手当金が支給される。

3) Aさんが出産休暇(産前産後休暇)中,事業主から報酬を受けることができなかった場合は,出産手当金として,1日につき標準報酬日額に相当する金額が支給される。

ページトップへ戻る

問1 解答・解説

出産育児一時金・出産手当金に関する問題です。

1)は、適切。産科医療補償制度に加入している産院・病院で出産すると、出産育児一時金が42万円、そうでない場合は39万円支給されます。

なお、被保険者の家族が出産したときに支給されるのが家族出産育児一時金で、支給額は出産育児一時金と同じです。

2)は、適切。出産手当金は、産前42日、産後56日の合計98日分支給されることが原則です。
ただし、出産日が予定日より遅れた場合は、その日数分が加算され、予定日より早まった場合はその日数分が減算されます。

3)は、不適切。産休中に会社からの給与がない場合、健康保険から出産手当金として、1日につき標準報酬日額の3分の2が支給されます。

第1問             問2
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Copyright(C) 3級FP過去問解説 All Rights Reserved.