問10 2011年5月実技(個人資産)

問10 問題文と解答・解説

問10 問題文

 土地の価格に関する次の記述のうち,最も不適切なものはどれか。

1) 公示価格は,毎年1月1日を基準日とし,一般の土地の取引価格に対して指標を与えるものとして,国土交通省の土地鑑定委員会が公表している価格である。

2) 固定資産税評価額は,毎年1月1日を基準日とし,相続税や贈与税を算出するための基礎となるものとして,国税局が公表している評価額である。

3) 基準地価格(標準価格)は,毎年7月1日を基準日とし,売り手にも買い手にもかたよらない客観的なものとして,都道府県が公表している価格である。

ページトップへ戻る

問10 解答・解説

土地価格に関する問題です。

1) は、適切。公示価格は、毎年1月1日を基準日とし、一般の土地取引の指標として、国土交通省の土地鑑定委員会が毎年3月下旬に公表します。

2) は、不適切。相続税や贈与税の算出する基礎となるのは路線価評価額で、毎年1月1日を基準日とし、毎年7月に国税局が公表します公示価格の8割程度)。

固定資産税評価額は、固定資産税や都市計画税を算出する基礎となるもので、3年ごとに見直され、市町村が決定します(公示価格の7割程度)。

3) は、適切。基準地価格(標準価格)は、毎年7月1日を基準日とし、土地の適正価格の客観的な目安として、毎年9月下旬に都道府県が公表します。

第4問           問11
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Sponsored Link

Copyright(C) 3級FP過去問解説 All Rights Reserved.