問7 2010年9月実技(個人資産)

問7 問題文と解答・解説

問7 問題文

Aさんの平成22年分の不動産所得の金額(青色申告特別控除後の金額)は,次のうちどれか。

1) 900万円+10万円−60万円−320万円−170万円−65万円=295万円

2) 900万円+10万円−60万円−320万円−170万円=360万円

3) 900万円+10万円+15万円−60万円−320万円−170万円=375万円

ページトップへ戻る

問7 解答・解説

不動産所得に関する問題です。

不動産所得=不動産収入−必要経費−青色申告特別控除 です。
まず不動産収入は、敷金のように、退去時に全額返還するものについては収入とみなされませんので、家賃収入900万円と礼金10万円が対象です。

次に必要経費については、土地・建物に係る固定資産税や都市計画税は、必要経費とされます。また、減価償却費とは固定資産(ここでは共同住宅)の取得費用を毎年一定額ずつ経費とするもので、必要経費となります。
よって、問題文の必要経費は、全て不動産所得を計算するときに経費として扱われます。

さらに、青色申告特別控除は、事業的規模である5棟10室基準、税務署からの承認、正規の簿記記帳、貸借対照表と損益計算書を添付して期限内申告と、65万円の特別控除の条件を満たしているため、65万円となります(正規の簿記でない場合、10万円の控除)。

よって正解は、1) 900万円+10万円−60万円−320万円−170万円−65万円=295万円

第3問             問8
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Sponsored Link

Copyright(C) 3級FP過去問解説 All Rights Reserved.