問11 2019年1月実技(個人資産)

問11 問題文と解答・解説

問11 問題文

不動産の価格に関する以下の文章の空欄(1)〜(3)に入る語句または数値の組合せとして、次のうち最も適切なものはどれか。

i)土地の価格には、「実勢価格(取引価格)」「公示価格」「基準地標準価格」「相続税路線価」「固定資産税評価額」の5つがあるといわれ、このうち相続税路線価は( 1 )の8割程度に設定されている。( 1 )は、毎年1月1日を基準日として、国土交通省の土地鑑定委員会が判定し、3月に公表されるものである。

ii)《設例》の図では相続税路線価が表示されているが、この道路に示された「200D」とは、1u当たりの価額が( 2 )万円、借地権割合が( 3 )%であることを示している。

1) (1)実勢価格(取引価格) (2)20 (3)50

2) (1)公示価格 (2)20 (3)60

3) (1)公示価格 (2)200 (3)70

ページトップへ戻る

問11 解答・解説

土地の価格に関する問題です。

i)相続税路線価は、毎年1月1日を基準日とし、相続税や贈与税の算出する基礎となるものとして、毎年7月に国税局が公表します(公示価格の8割程度)。

ii)路線価図には、各路線上に数字とアルファベットが記載されており、数字は路線価(1u当たり千円)、アルファベットは借地権割合で、A:90%、B:80%、C:70%、D:60%、E:50%、F:40%、G:30%を示します。
よって本問の「200D」は、20万円/u・借地権割合60%です。

よって正解は、2

問10             問12

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Sponsored Link

Copyright(C) 3級FP過去問解説 All Rights Reserved.