問5 2018年1月実技(個人資産)

問5 問題文と解答・解説

問5 問題文

Mさんは、Aさんに対して、AさんがY社債を購入する場合の留意点等について説明した。Mさんの説明として、次のうち最も不適切なものはどれか。

1) 「債券や債券の発行体の信用状態に関する評価の結果を記号等で示したものを信用格付といい、一般に、BB(ダブルB)格相当以上の格付が付されていれば、投資適格債券とされます」

2) 「一般に、信用格付の高い債券は、表面利率や償還期限等の他の条件が同一であれば、信用格付の低い債券と比較して、債券価格は高く、利回りは低くなります」

3) 「Y社債の利子については、原則として、利子の支払時において所得税および復興特別所得税と住民税の合計で20.315%の税率による源泉(特別)徴収がされます」

ページトップへ戻る

問5 解答・解説

債券の格付け・利回りと価格・税務に関する問題です。

1)は、不適切。債券の格付けは、第三者である格付機関が行っている(例:ムーディーズ、スタンダード&プアーズ)、債券や債券の発行体の信用評価の結果です。
格付けAAA〜BBBは投資適格とされ、これより下のクラス(BB以下)は投機的、または投資不適格とされます。

2)は、適切。信用格付の高い債券は、表面利率や償還期限等の他の条件が同一の場合は、格付の低い債券と比べると債券価格は高く、利回りは低いです。
信用がある人やモノほど価値が高いとされ(ブランドなど)、借金するときも低い利率で借りられるのと同じです。

3)は、適切。国内利付債の利子は、所得税・復興特別所得税15.315%、住民税5%が源泉徴収(特別徴収)されます。

よって正解は、1

問4             問6

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Sponsored Link

Copyright(C) 3級FP過去問解説 All Rights Reserved.