問13 2012年5月実技(資産設計)

問13 問題文と解答・解説

問13 問題文

平成24年3月1日に相続が開始された被相続人の<親族関係図>が下記のとおりである場合、民法上の相続人および法定相続分の組み合わせとして、正しいものはどれか。なお、記載のない条件については一切考慮しないこととする。


1.配偶者1/2  長男1/4  孫A1/8  孫B1/8

2.配偶者1/2  長男1/4  二男の妻1/12  孫A1/12  孫B1/12

3.配偶者1/2  長男1/2

ページトップへ戻る

問13 解答・解説

法定相続人と法定相続分に関する問題です。

配偶者は常に法定相続人となり、それ以外の親族は、子・直系尊属・兄弟姉妹の順に、先の順位者がいない場合に、法定相続人となります。
また、被相続人が死亡するよりも先に相続人が死亡した場合、その相続人の直系卑属が代襲相続人として、相続人に代わって相続します。

本問では、相続人である二男が死亡しているため、孫A・Bが代襲相続人となるため、法定相続人は、配偶者と長男、孫2人の5人です。

よって、それぞれの法定相続分は、以下の通りです。
配偶者 :1/2
長男  :1/2×1/2=1/4
孫2人 :1/2×1/2×1/2=1/8ずつ

従って正解は、配偶者1/2  長男1/4  孫A1/8  孫B1/8

問12              問14〜20(資料)
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Sponsored Link

Copyright(C) 3級FP過去問解説 All Rights Reserved.