問13 2012年5月実技(個人資産)

問13 問題文と解答・解説

問13 問題文

妻Bさんが,Aさんから相続税評価額3,000万円の居住用不動産の贈与を受け,贈与税の配偶者控除の適用を受けた場合,妻Bさんが納付すべき贈与税額として最も適切なものは,次のうちどれか。なお,これ以外に妻Bさんが贈与を受けた財産はないものとする。

〈贈与税の速算表〉


1) (3,000万円−2,000万円−110万円)×40%−125万円=231万円

2) (3,000万円−2,000万円)×40%−125万円=275万円

3) (3,000万円−1,500万円−110万円)×50%−225万円=470万円

ページトップへ戻る

問13 解答・解説

贈与税の配偶者控除に関する問題です。

贈与税の配偶者控除とは、夫婦間で居住用不動産や居住用不動産の取得資金を贈与した場合、最高2,000万円を配偶者控除額として控除できる特例です。
また、贈与税の配偶者控除は、暦年課税の贈与税の基礎控除110万円と併用可能です。

よって、3,000万円の居住用不動産の贈与を受け、贈与税の配偶者控除の適用を受けた場合、
課税対象の贈与額=3,000万円−2,000万円−110万円=890万円

速算表より、税率は40%ですから、
贈与税額=890万円×40%−125万円=231万円

従って正解は、
(3,000万円−2,000万円−110万円)×40%−125万円=231万円

第5問             問14
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Sponsored Link

Copyright(C) 3級FP過去問解説 All Rights Reserved.