問45 2012年1月学科

問45 問題文と解答・解説

問45 問題文択一問題

次の各文章の(  )内にあてはまる最も適切な文章,語句,数字またはそれらの組合せを1)〜3)のなかから選びなさい。

金融商品取引法に定める(   )とは,顧客の知識,経験,財産の状況および契約を締結する目的に照らして不適切と認められる勧誘を行ってはならないというルールである。

1.誤認勧誘

2.不招請勧誘

3.適合性の原則

ページトップへ戻る

問45 解答・解説

金融商品取引法に関する問題です。

金融商品取引法により、金融商品取引業者は、顧客の知識・経験・財産状況・取引目的を確認し、顧客に適当な勧誘・販売を行う(「適合性の原則」)ことが必要です。

投資初心者のお客さんが、安全・元本保証の金融商品へ投資しようと考えているのに、ハイリスク商品を紹介するようなことは禁止されているわけです。

問44              問46
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Sponsored Link

Copyright(C) 3級FP過去問解説 All Rights Reserved.