問2 2011年9月実技(資産設計)

問2 問題文と解答・解説

問2 問題文

下記は、会社員の辻さんの家庭のキャッシュフロー表(一部抜粋)である。このキャッシュフロー表に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、計算に当たっては、キャッシュフロー表中に記載の整数を使用することとし、計算結果は万円未満を四捨五入することとする。
<辻家のキャッシュフロー表>                                       (単位:万円)
 

※年齢は各年12月31日現在のものとし、平成23年を基準年とする。
※記載されている数値は正しいものとする。
※問題作成の都合上、一部空欄にしてある。

1.空欄(ア)に入る数値とその求め方:「276×(1+0.01)^2=282」

2.空欄(イ)に入る数値とその求め方:「788−712=76」

3.空欄(ウ)に入る数値とその求め方:「496+40=536」

※「^2」…2乗

ページトップへ戻る

問2 解答・解説

複利計算に関する問題です。

1.は、適切。(ア)は、2年後の基本生活費で、現在の基本生活費は276万円で変動率は1%です。
つまり、2年間の複利計算で現在の基本生活費より1%上昇した金額ということですね。
複利計算の計算式は、元金×(1+利率÷100)N乗 です(N=投資期間)
よって、2年後の基本生活費の計算式は、以下の通りとなります。
2年後の基本生活費=276万円×(1+1÷100)2乗=281.54≒282万円
 
2.は、適切。(イ)は、現在の年間収支ですから、現在の収入合計788万円から、現在の支出合計712万円を差し引いた金額です。
よって、現在の年間収支=788万円−712万円=76万円

3.は、不適切。(ウ)は、1年後の金融資産残高ですから、現在の金融資産残高496万円に、変動率1%の増加分と、1年後の年間収支40万円を加えた金額です。
つまり、1年間の複利計算で前年の金融資産残高より1%上昇した金額に、40万円を追加するわけです。
複利計算の計算式は、元金×(1+利率÷100)N乗 です(N=投資期間)
よって、正解は、
1年後の金融資産残高=496万円×(1+1÷100)+40万円=540.96≒541万円

問1             問3
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Sponsored Link

Copyright(C) 3級FP過去問解説 All Rights Reserved.