問1 2011年5月実技(保険顧客)

問1 問題文と解答・解説

問1 問題文

遺族基礎年金に関する以下の文章の空欄(1)〜(3)に入る語句の組合せとして,次のうち最も適切なものはどれか。

@)遺族基礎年金を受給できる遺族の範囲は,被保険者の死亡当時,その者によって生計を維持されていた「子のある妻」または「子」とされているが,「子」とは,( 1 )に達する日以後の最初の3月31日までの間にあるか20歳未満で障害等級1級または2級に該当する障害の状態にあり,現に婚姻していない子をいう。

A)遺族基礎年金における保険料納付要件は,死亡日の前日において,死亡日の属する月の前々月までの被保険者期間のうち,保険料納付済期間と保険料免除期間とを合算した期間が( 2 )以上あることである。ただし,死亡日が平成28年4月1日前にある場合,死亡した者が65歳未満であるときは,死亡日の属する月の前々月までの直近の( 3 )に保険料の未納がないこととされる。

1)   (1) 15歳   (2) 4分の3   (3) 6カ月間

2)   (1) 18歳   (2) 3分の2   (3) 1年間

3)   (1) 18歳   (2) 2分の1   (3) 2年間
 

ページトップへ戻る

問1 解答・解説

遺族基礎年金に関する問題です。

遺族基礎年金は、主に、子供や子供のいる妻が支給対象で、支給要件は以下全てを満たすことが必要です。

●妻の場合
 ・被保険者(夫)が死亡した当時、生計維持関係にあった。
 ・支給要件を満たす子どもと同一生計

●子の場合
 ・被保険者(父・母)が死亡した当時、生計維持関係にあった。
 ・18歳未満(18歳到達年度末まで可)、または20歳未満で障害有り。
 ・結婚していない

また、被保険者が、20歳〜死亡月の前々月までの期間のうち、納付済期間と免除期間の合計が3分の2以上、年金保険料を納付している必要があります。
ただし、平成28年3月31日までに65歳未満で死亡した場合は、死亡月の前々月までの1年間に未納期間がなければOKです。

よって正解は、2)   (1) 18歳   (2) 3分の2   (3) 1年間

第1問           問2
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Sponsored Link

Copyright(C) 3級FP過去問解説 All Rights Reserved.