問13 2010年9月実技(保険顧客)

問13 問題文と解答・解説

問13 問題文

遺言書に関する次の記述のうち,最も適切なものはどれか。

1) 自筆証書遺言とは,遺言者が遺言の全文,日付および氏名を自書して印を押すもので,ワープロ等で作成したものは無効となる。

2) 公正証書遺言とは,遺言者が遺言の内容を公証人に口授し,それに基づいて公証人が作成するもので,その作成時に証人の立会いは必要ない。

3) 秘密証書遺言とは,遺言者がその証書に署名・押印し,これを封じて作成するもので,遺言者の相続開始後に家庭裁判所で検認の手続を受ける必要はない。

ページトップへ戻る

問13 解答・解説

遺言書に関する問題です。

1) は、適切。自筆証書遺言とは、遺言者が遺言の全文、日付および氏名を自書して印を押すもので、ワープロ等で作成したものは無効です。

2) は、不適切。公正証書遺言とは、遺言者が遺言の内容を公証人に口授し、それに基づいて公証人が作成するものですが、その作成時に2名以上の証人の立会いが必要です。
また、変造・偽造の恐れがないことから、家庭裁判所での検認が不要です。

3) は、不適切。秘密証書遺言とは、遺言者がその証書に署名・押印し、これを封じて作成する(公証役場で2以上の証人の立会いのもと、記録を残すことが必要)ものですが、遺言者の相続開始後に家庭裁判所での検認が必要 です。

第5問             問14
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Sponsored Link

Copyright(C) 3級FP過去問解説 All Rights Reserved.