問1 2010年9月実技(保険顧客)

問1 問題文と解答・解説

問1 問題文

仮に,第2子誕生の3年後,Aさんが死亡した場合,妻Bさんに支給される遺族基礎年金の年金額(年額)を算出する計算式は,次のうちどれか。なお,遺族基礎年金の年金額は,物価スライド特例措置による平成22年度価額に基づいて計算することとする。

1) 792,100円+75,900円

2) 792,100円+227,900円+75,900円

3) 792,100円+227,900円+227,900円

ページトップへ戻る

問1 解答・解説

遺族基礎年金に関する問題です。

正解は、3)。遺族基礎年金は、主に、子供や子供のいる妻が支給対象で、子どもの人数に応じて、支給額が増加します。
子供の数: 支給金額(年間)
子供1人: 792,100円+227,900円×1=1,020,000円
子供2人: 792,100円+227,900円×2=1,247,900円
子供3人: 792,100円+227,900円×2+75,900円=1,323,800円
子供4人以上 : 1人増えるごとに75,900円追加

※支給期間は子供が18歳になるまで。

よって、第2子誕生後にAさんが死亡した場合に、妻が受け取る遺族基礎年金は、
3) 792,100円+227,900円+227,900円=1,247,900円(平成22年度価額) です。

なお、平成23年度は年金額が改定されたため、以下の通りとなります。
遺族基礎年金=788,900円+子の加算
※子の加算 第1子・第2子 各 227,000円
        第3子以降   各  75,600円

第1問             問2
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Sponsored Link

Copyright(C) 3級FP過去問解説 All Rights Reserved.