問18 2016年1月実技(資産設計)

問18 問題文と解答・解説

問18 問題文

浩一さんは、地震への備えの一つとして地震保険を契約することを検討している。地震保険に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1.地震により発生した津波による損害は、保険金支払いの対象とならない。

2.住宅総合保険などの火災保険契約に付帯して契約するものであり、単独で契約することはできない。

3.建物の免震・耐震性能に応じた保険料割引制度がある。

ページトップへ戻る

問18 解答・解説

地震保険に関する問題です。

1.は、誤りです。地震保険は、居住用建物と家財(生活用動産)について、地震による火災や損壊の損失を補償する保険で、地震以外にも、地震によって生じた火災・津波や噴火による損害も補償対象となっています。

2.は、正しいです。地震保険は、単独では加入できず、火災保険等に付帯して加入する必要があります。

3.は、正しいです。地震保険の保険料は、建物の免震・耐震性能に応じて、建築年・耐震等級・免震建築物・耐震診断の4種類の割引制度があり、10%〜50%の割引が適用されます(重複不可・最大50%)。

問17              問19

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Copyright(C) 3級FP過去問解説 All Rights Reserved.