問11 2014年9月学科

問11 問題文と解答・解説

問11 問題文「○」「×」選択問題

正しいものまたは適切なものは「○」、誤っているものまたは不適切なものは「×」を選択しなさい。

日本銀行によるマネタリーベースを増加させる金融調節には,市場金利の低下を通じて金融を引き締める効果がある。

1.○

2.×

ページトップへ戻る

問11 解答・解説

日本銀行の金融政策と金利に関する問題です。

正解は、×。マネタリーベースとは、「日本銀行が供給する通貨」のことで、日本銀行券発行高(紙幣)と貨幣流通高(硬貨)、日銀当座預金(民間銀行が日銀に預けているお金)の合計です。
日銀によるマネタリーベースの増加は、日銀が金融機関から国債等を買い入れて資金を市中に供給するため、市場の資金量が増加し、お金が借りやすくなることから市場金利が低下する金融緩和政策です。
※上記は、いわゆる黒田日銀による”異次元緩和”と呼ばれるもので、それまでのマネタリーベースを2倍に膨らませるという、アベノミクスの「3本の矢」の1つ(金融の大規模緩和)です。

問10              問12

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Sponsored Link

Copyright(C) 3級FP過去問解説 All Rights Reserved.