問4 2012年5月実技(個人資産)

問4 問題文と解答・解説

問4 問題文

国内の銀行で取り扱われている外貨預金の概要について,ファイナンシャル・プランナーが説明した次の記述のうち,最も不適切なものはどれか。

1) 外貨預金に預入できる通貨の種類は,取扱金融機関によって異なる場合がある。

2) 外貨預金の種類には,普通預金,定期預金,通知預金などがある。

3) 外貨預金は,1金融機関につき預金者1人当たり元本1,000万円までとその利息等が,預金保険制度による保護の対象となる。

ページトップへ戻る

問4 解答・解説

外貨預金の概要に関する問題です。

1)は、適切。外貨預金として取り扱う通貨は、金融機関によって異なります
ドルやユーロ等の主要通貨はどの銀行も取り扱っていますが、マイナー通貨については取り扱っていない銀行もあります。

2)は、適切。外貨預金には、通常の普通預金や定期預金のほか、通知預金などもあります
通知預金:一定の資金を短期間預け、普通預金よりも高い金利で運用できる預金で、引き出す際には金融機関に口頭や電話で「通知」が必要。

3)は、不適切。外貨預金は、預金保険制度の保護の対象外です。

第2問             問5
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Sponsored Link

Copyright(C) 3級FP過去問解説 All Rights Reserved.