問13 2012年1月実技(保険顧客)

問13 問題文と解答・解説

問13 問題文

相続税の申告等に関する以下の文章の空欄(1)〜(3)に入る語句の組合せとして,次のうち最も適切なものはどれか。

1) 相続人は,自己のために相続の開始があったことを知った時から原則として( 1 )以内に,相続について「単純承認」,「限定承認」または「放棄」をしなければならない。

2)相続税の申告書の提出義務がある者は,原則として,その相続の開始があったことを知った日の翌日から( 2 )以内に,死亡した者の納税地の( 3 )に対して相続税の申告書を提出しなければならない。

1) (1) 3カ月  (2) 6カ月  (3) 家庭裁判所

2) (1) 3カ月  (2) 10カ月  (3) 所轄税務署長

3) (1) 4カ月  (2) 12カ月  (3) 所轄税務署長

ページトップへ戻る

問13 解答・解説

相続の承認・放棄と相続税の申告に関する問題です。

相続の放棄や限定承認は、相続開始があったことを知った日から3ヵ月以内に、家庭裁判所に申述する必要があります。
単純承認は、放棄や限定承認をしなければ、自動的に単純承認したとみなされるため、通常は単純承認の手続をすることはありません。

また、相続税の申告期限は、相続開始があったことを知った日の翌日から10ヵ月以内で、死亡した人の納税地の所轄税務署長に提出することが必要です。
つまり、親と離れたところに住んでると、相続税の申告のために帰郷することが必要だったりするわけです。

従って正解は、(1) 3カ月  (2) 10カ月  (3) 所轄税務署長

第5問                  問14
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Sponsored Link

Copyright(C) 3級FP過去問解説 All Rights Reserved.