問10 2011年9月学科

問10 問題文と解答・解説

問10 問題文「○」「×」選択問題

正しいものまたは適切なものは「○」、誤っているものまたは不適切なものは「×」を選択しなさい。

生命保険の保険料の計算における「大数の法則」とは,保険契約者から払い込まれる保険料の総額と予定運用収益との合計額が,保険会社の支払う保険金の総額と予定経費との合計額に等しくなることをいう。

ページトップへ戻る

問10 解答・解説

正解は、×。生命保険の保険料の計算方法に関する問題です。

「大数の法則」は、ある試行を何回も行えば、確率は一定値に近づくという法則で、例えば、サイコロを何回も何回も振り続ければ、いずれどの目が出る確率も6分の1に近づくということです。

保険契約者からの保険料の総額と予定運用収益との合計額(収入)が、保険会社の支払う保険金の総額と予定経費との合計額(支出)に等しくなるのは、収支相当の法則です。

問9              問11
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Sponsored Link

Copyright(C) 3級FP過去問解説 All Rights Reserved.